2008年01月13日

ドンコプラケース誕生

初ガサでゲットしたメダカたちですが、1週間プラケで過ごしてもらいました。
元の川の水だけで、一緒に持ち帰った水草とミナミヌマエビたちも一緒です。

さて、彼らの棲みかをどうするか?

ドジョウ&メダカ水槽に入れるという手もあったのですが、やはり違う流域のメダカたちを一緒にするべきではないと思ったので却下。

小魚水槽は、動きの素早いカワムツたちが12匹もいれば、メダカたちもストレスを感じるでしょう。

テナガエビ水槽は、テナガエビの餌食になるので当然ダメ。

やはり横から観察するのはあきらめて、ビオの容器に入ってもらうしかありません。

我が家のビオトープ。現状は年末の記事で紹介した写真(↓)を見ればだいたいわかると思います。

DSCN2306.JPG

ビオの原点「百均プラケース」を中心に左から「樽型プランター」「普通のプランター」、半分切れてますが「壺」

普通プランターにはカワムツ幼魚が数匹棲んでいるので小魚水槽と条件は同じ。

樽型プラにはドンコが1匹いるので問題外。

百均プラは容積的にちょっと狭いし、は深さがあるので観察しにくい。



でも、私はそれほど迷いませんでした・・・ドンコを引越しさせる事を。



樽型プランターは元々小魚やミナミたちがいて、バランスがうまく取れていました。
ところが、2〜3匹いたドンコ稚魚のうちの1匹が成長し、いつの間にかとして君臨。
彼は仲間たちを食い、小魚たちも食い、生き残っていたミナミたちも食い尽くしてしまいました(当然といえば当然)。

逆に言えば、樽型プラには貝類を除けばドンコ以外の生体はいないので、彼さえ引越しすれば、そこに新しいスペースが生まれるわけです。

この中にドンコがいるのですが・・・。
DSCN2519.JPG

ここです。
DSCN2518.JPG

いつもこんな感じで土に紛れてじっとしています。

以前から、ドンコがこの広い容器を独占しているのはどうかと疑問を感じていたので、もう迷いはありません。



というわけで、ドンコの引越し先に選んだのは・・・、小さめ(約20cm)のプラケース
床材は赤玉土です。

DSCN2520.JPG

ドンコを掬うと・・・

DSCN2522.JPG
このように、早速色を変えてきます。
興奮すると黒っぽくなるようですね。

水を張ったプラケースに樽型プラからフロッグピットを移して、その中に投入。

DSCN2524.JPG

DSCN2534.JPG

狭くなってごめんね。



肝心のメダカのお引越しについては、次回に書こうと思います。
posted by いたっきー at 23:44| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ドンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。