2006年07月17日

カブ・クワツアー(その1)

この3連休を利用し、和歌山の実家に里帰りをしました。
目的は、カブトムシ&クワガタムシを捕まえに行くこと。

ずっと前から楽しみにしていた息子たちでしたが、5歳(年中)の次男が前日に高熱を出し、敢え無く妻と居残ることに。

7歳(小学2年)の長男と2人で出かけた今回のカブ・クワツアー。果たして成果は?

まず初日。不覚にも夜中に熱を出してしまった私。
おかげで出発が遅れてしまい、お目当ての山に着いたのが6時を過ぎてしまいました。

去年の盆過ぎにカブトムシのメスをゲットした木にまず行ったのですが、何もいない!
樹液すら出ていない。
やっぱり駄目かとあきらめかけた時、目の前になんとナナフシが!

私も、生まれてこの方、天然のナナフシを見たのも、もちろん捕獲したのも初めて。

さらに、ゴマダラカミキリが飛んでいるのを発見。

父(もう71歳だそうです)が追いかけてゲット。
長男も大喜びでした。

続いて、父が前から気になっていたという現場に移動。

そこには樹液がたくさん出ている木があり、カナブンたちが無数に集まっていました。

これは絶対にいるぞと直感した私たちですが、もう時間的に遅く、本命には出会えません。

しかし、何やら大きなカミキリを発見した私たちは網を伸ばして何とかゲットしました。

帰ってから調べてみると、シロスジカミキリのようです。
体長が6p近くあります。

DSCN0818.JPG   DSCN0821.JPG

初日は時間が遅く、カブトムシやクワガタムシをゲットできませんでした。

でも、珍しいムシたちに出会えて、ある意味満足でした。

2日目は、初日の反省を活かし、もっと早い時間に出発したのですが、果たして成果はいかに・・・。



posted by いたっきー at 21:51| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カブ・クワ(甲虫のなかま) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20940139

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。