2006年07月18日

カブ・クワツアー(その2)

2日目は3時半に起き、長男を叩き起こして出発。

移動中、東の空が薄っすらと白みがかってきます。
早く行かないと。
自宅で待っている次男のためにも、なんとしても本命を捕まえたい。

現地に着いたのは4時半でした。

昨日の木に行くと・・・、まだ夜明け前のため、昨日あれだけ集まっていたカナブンたちはほとんどいません。

ライトで照らしながら良く探してみると、いました!カブトムシが。
しかもペアで。

早速網で受けて2匹一緒にゲット。

斜面になっているので足元に気をつけて木の裏側に回ってみると、♂のカブトムシが1匹。
下のほうなので手で捕獲。

さらに上のほうの窪みにクワガタのあごが見えています。
体半分まで出たり入ったり、どうやらヒラタクワガタの♂のようです。

父の手製の継ぎ網を伸ばしてやっと届く距離。
網の柄のほうで幹を叩いたりしてもなかなか出てきてくれません。

近くにあるもう一つの木に一旦移動しましたが、そこには獲物がいそうでいませんでした。

再び戻ってくると、大分明るくなってきたためか、カナブンたちが集まってきました。

先ほどのヒラタクワガタのいる窪みにもカナブンが2〜3匹来ています。
カナブンたちの襲来からヒラタクワガタが自分の居場所を守ろうとしているように見えました。

窪みから出かかってカナブンを追い出してはまた戻ってしまいます。

こうなったら何かで引っ掛けて窪みから出すしかない。

そう思った私は、落ちていた竹の棒をクワガタのあごに引っ掛け、何とか窪みから出たところをそのまま棒で落として網の中へ。

結局2日目は、
・カブトムシ♂2匹
・カブトムシ♀1匹
・ヒラタクワガタ♂1匹

初日の珍虫たちもあわせて、何とか子供達に面子が立ちました。

山を降りた後、母が作ってくれたおにぎりを川原で広げて3人で食べました。

長男も父も私も大満足で帰路に着きました。
posted by いたっきー at 22:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カブ・クワ(甲虫のなかま) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20993960

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。