2006年10月08日

昆虫水槽 その後

先日淀川河川公園で捕まえてきた虫たちですが、経過をご紹介します。


まもなくトノサマバッタの幼虫が羽化。
DSCN1333.JPG

やはり勇敢な姿が魅力です。
DSCN1377.JPG

ぬけがらです。
DSCN1381.JPG

トノサマバッタは、さぞかし狭い水槽の中を跳ねまくるのかと思いきや、意外とおとなしいものです。
何度か頭をぶつけて、早くも学習したのかもしれません。



次にエンマコオロギ

驚いたことに、エンマコオロギは水槽の底に敷いたミズゴケに穴を掘って、昼間はずっとその中にいるようです。

エンマコオロギの交尾。
DSCN1372.JPG

そして、産卵の瞬間も捉えました。
DSCN1441.JPG



さらに、ツユムシの産卵も。
DSCN1399.JPG

この仲間は草の茎に産卵するんですね。
卵の保管がちょっと無理かも知れません。





ところでこの水槽、今はこんな風になっています。
DSCN1393.JPG

食草(イネ科の雑草やススキなど)を入れたビンを奥に配し、手前には、虫たちの水分補給のため、オオサンショウモを浮かべた容器を大胆にも入れてしまいました。
DSCN1395.JPG

朝晩はかなり冷えるし、何匹かは☆になっていきました。
これからはますます厳しくなっていきます。

束の間の命、見守ってあげようと思っています。

posted by いたっきー at 08:46| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | バッタ・キリギリスのなかま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それぞれ繁殖行動していて、いい感じですね。
この水槽の使い方も改めていいなぁ、と思います。
卵が無事に孵る事を期待してます。
Posted by NAO at 2006年10月09日 00:04
うわー!
トノサマバッタかっこいい*
さすが殿様だけあって貫禄が違いますね。
それとツユムシ。
草の茎に産卵するって始めて知りました。
普段見ている虫でも、いたっきーさんのブログで初めて知る行動が多いです!!

水槽の雰囲気もいいですね。
水場のアイデアはとても素敵です。
Posted by jun at 2006年10月09日 01:09
コメントありがとうございます。
世間では3連休というのに、今日も休日出勤のいたっきーが、会社のPCからアクセスしています。

<NAOさんへ>
水槽の使い方・・・。
この水槽、こんな使われ方されるとは思っていなかっただろうなー、などと時々考えたりします。
いくらホームセンターの店じまいで7割引だったとはいえ・・・。
虫に興味の無いアクアリストの方が見たら、包丁が飛んでくるかもしれませんね・・・。

<junさんへ>
水場・・・。
水槽内に霧吹きをしてあげると、ガラスに付いた水滴をなめるようにして水分を摂っているのを見たんです。
これなら、水を汲んでおいて置けば飲みにくるのでは・・・。
というわけで浮草を入れて落ちないようにして入れてみました。
案の定、飲みに来ていますよー。
時々バッタがはまって暴れていますが・・・。
Posted by いたっきー at 2006年10月09日 15:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25071862

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。