2006年11月26日

ドンコ?

紅葉を見るため11/23(祝)に、とある場所へ出掛ける計画をしておりました。
ところが、その前日の天気予報は「雨」
私も疲れていたので久しぶりに家でゆっくりさせてもらいました。
じゃ、次の休みに・・・と思っていたら、今日11/26(日)も「雨」の予報。
案の定、朝から曇天で早々と中止を決定。

妻が近所にオープンしたユ○クロに行きたいという。
きっと、駐車場待ちで時間食うだろうなと思っていたら、やはり予想通り。
私自身は店に用がないので、別行動をとることにしました。

ひそかにガサ・スポットを開拓しようと目論んでいた私は、家族を降ろすとそのまま北に向かいました。

2時間の約束なのであまりゆっくりはできない。

地図を見ながら、今まで行ったことのないとある川の上流目指して車を走らせました。

約40分ほど走り、ちょっとした里山に到着。
ちょうど川辺に降りれそうなところがあったので、車を停めて、降りてみました。

すると・・・。

DSCN1782.JPG

DSCN1780.JPG

これは・・・!
思いがけない風景にちょっとびっくり。
きれいな水に新鮮な空気。

水中を覗いてみると、カワムツかオイカワの稚魚たちがたくさん群れています。
すぐに車に戻って網を取りにいきたい衝動を抑え、ちょっと上流の方へ歩いてみました。

DSCN1784.JPG

向こう岸の田んぼの脇には鳥が羽を休めています。
DSCN1785.JPG

街からちょっとだけ離れたところにこんな場所があるなんて・・・。

そうやって、物思いにふけっていると、突然ケイタイの着信音が・・・。
用事が済んだから迎えに来いと・・・。

ちょっと待て、今からガサを始めようと思っていたのに・・・。
というより、初めての一人ガサなので実は躊躇していました(笑)。

道沿いには民家が並んでいますが、幸い周りに人がいなかったため、思い切ってタッパーを取り出して岸に。

落ち葉がたくさん堆積しているので、エビがいるかなと思ったのですが、残念ながらいません。

その代わり、ハゼの仲間が入りました。

しかも、今までは稚魚しか見たことがなかったのですが、6pはあります。

とりあえずタッパーに入れ、お持ち帰りしました。
DSCN1790.JPG

さて、持って帰ったは良いが、どうしよう。

とりあえず、ネットで検索。
ヨシノボリかなと思っていたのですが、ドンコっぽいでしょうか。
(画像だけでわかる方がいたら教えて下さい!)

もし、ドンコだったら肉食なので飼うのは大変だろうな・・・。
金魚のいるコンテナボックスに入れてしまおうか・・・とも考えましたが、やはりそれはお互いに危険?
しかも、浮草だらけで観察できなくなるので、とりあえずヤゴの入っていたプラケースをリニューアルすることに。

石をそのまま敷いて、水草水槽に入れた流木の残りとオオカナダモを入れ、後はタッパーの水を、一緒に入れてきた枯葉ごとケースの中へ。

足りない水を少しずつ加えて完成。
DSCN1802-1.JPG

上から
DSCN1795.JPG

横から
DSCN1796.JPG

そして前から
DSCN1797.JPG

稚魚も2匹います。
DSCN1800.JPG

とりあえず、しばらく様子を見ながら、今後の対策を考えようと思います。
posted by いたっきー at 23:07| 大阪 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 採集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鳥さん、アオサギですかね??
しかしなんてのどかないい所…!!
多分いたっきーさんのブログに来られている方々なら、
全員とりあえずガサってみる場所でしょうね(笑
Posted by jun at 2006年11月26日 23:52
<junさんへ>
青詐欺・・・じゃなかったアオサギ?
(入力した後ついついスペースキーを押してしまうとこうなります。)
シラサギなら聞いたことありますが・・・。
すみません。鳥については全く無知なもので・・・。
ちょっとガサって何か引っかかると、またやりたくなるもんです。
毎週末にすっかり童心に戻ってしまう自分がいます。
半年前には考えられなかったんだけどなあ・・・。
Posted by いたっきー at 2006年11月27日 20:50
今回はお一人でガサ、採りたい衝動が勝ってしまった訳ですね。
その好奇心はお互いに大事にしましょう!

一番最後の写真の魚の模様を見ると、やはりドンコっぽいですよ。
この魚は以外と美味ですよ、身がけっこう詰まっていて。
塩焼きにしても揚げものにしてもいけます。
昔、採って食したことがあります、もちろんきれいな川で。
って、これは要らない情報でしたね。(笑)

小石に枯れ葉にドンコ、まるで生息地を再現したようですね。
これは人になつくと可愛い魚かもしれませんね。
飼ってみますか?
赤虫の半生タイプあたりから慣らして・・・
Posted by catfishtail at 2006年11月27日 21:51
<catfishtailさんへ>
一人ガサ・・・。
子供たちもだんだん付き合ってくれなくなってきているので、これから増えるかも知れません。
ドンコは美味ですか。
確かにから揚げしたらおいしそう。
いやいやそれは置いといて、せっかくなので、というより今更後には引けないので、ドンコ飼育、チャレンジしてみます。
Posted by いたっきー at 2006年11月27日 22:59
一人ガサ・・・僕はいつも一人ですyo(爆)。
写真の川、いそうな気はするんですが…いつもこんなに流れが速いようなら、ちょっと難しいかも…とも思ったりします。
ヌマエビって止水域にいるイメージなんですよねぇ。
この川で流れがゆるやかor止水のポイントがあるなら、そこがアヤシイと思いますよ。
それともっと上流、3枚目で見える林の奥に行くと…もしかするとって感じますね^^
ドンコっぽいですよねぇ。
なんだかそう感じますよ。
ハマるんですよねぇ、ハゼ科のお魚は^^
Posted by NAO at 2006年11月28日 00:04
やりますね〜
奥様達を置いて、一人ガサ!
私もお付き合いの買い物はきらいです^^;

綺麗な川ですね。ここ。
NAOさん曰く、流れの速いとこにはエビさんはいないかもです。
でもこの魚は私が捕った魚とおんなじだ!
小さい目がかわいいです。
どうやらドンコのようですね。私は持ち帰らなかったんですが、同じく後でネットで調べたら"貪欲"とあったのでよかったのかな・・・と。
catfishtailさんがおっしゃるように赤虫から慣らしてみてくださいよ!
ちりめんじゃこはダメですよ(笑)
Posted by マッサ at 2006年11月28日 10:26
<NAOさんへ>
そうですよね。
結局、世間体とか恥ずかしさとかが好奇心を邪魔しているんですよね。
NAOさんを見習わなくては・・・。
写真では流れが速く見えますが(というよりそういう流れの速い部分を撮ったためか)、実際は緩やかな流れでした。
このドンコを掬った場所も、流れのない場所でした。

<マッサさんへ>
女性の買い物は長いので・・・。
妻も同行を望んでいませんでしたので・・・。
まあ、世間一般共通かもしれません。

「貪欲」のようですね。
とにかく単独飼育が原則だと思い、プラケースに入ってもらったわけですが・・・。
今のところ大人しくしているみたいです。
ケースに入ったドンコを見ていても全く動きません。
警戒しているためでしょうか。
慣れてくれればいいのですが・・・。
さすがにちりめんじゃこはいけませんね(笑)。
Posted by いたっきー at 2006年11月28日 21:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。