2007年02月06日

ひとりガサ

先週末、一人でプチガサに出掛けました。
朝、子供たちを誘ったのですが、彼らはDSに夢中・・・。

私はちょっとした目的があったので、一人で出かけることにしました。

プチガサ・・・?

そう、プチのつもりだったのですが・・・。



まずは、以前ドンコを採集した場所へ。

実は、我が家のドンコちゃんは広い水槽の中で一人ぼっち・・・。
彼が♂なのか♀なのかは分かりませんが、パートナーがいればいいなと思って、「柳の下のどじょう」を狙いに行ったわけです。
しかし、現地に着くと、前とはちょっと様子が違います。

前回は11月の下旬でまだ落ち葉が多く、水面まで堆積していました。
その落ち葉の下をガサって彼を捕えたのですが、今回は、数少ない落ち葉は水底に沈んでしまっています。

ダメかなー、と思いつつ、網を入れてみる・・・。

やっぱりダメかー。

30分ほどねばって全長2cmほどの子ドンコを3匹ゲット。
DSCN0072-2.JPG

そこで帰ればよかったのですが、ここまで来たからもうちょっと足を伸ばそうと思い、前にも行ったことのある場所(別の川)へ移動。

そこは、岩場が多く、流れの速いところと淀んでいるところがあり、起伏に富んだ景観が楽しめます。

DSCN0076.JPG

もちろん狙うは淀みの場所です。

DSCN0078.JPG

こういうちょっと深いところでは、カワムツ系の稚魚や幼魚がたくさん捕れました。

また浅いところでは、石をひっくり返してみると、ハゼの仲間が隠れます。
網と手を使って追い込んでいき、捕まえました!

DSCN0085.JPG

ヨシノボリですね。全長5cmほどでしょうか。
これで気を良くした私は、その場所でヨッシー君を追いかけて、大小あわせて4匹ゲット。

しかもヨッシーだけでなく、イトトンボのヤゴをはじめ、カワゲラカゲロウの幼虫などの川虫もたくさんいました。

DSCN0082.JPG
↑イトトンボのヤゴ。

朝10時頃に出掛けて、もうすでに午後2時半。
妻には行き先も告げずに出掛け、また山の中で携帯電話の電波も届かない。
ひょっとして心配しているかも・・・、と思い、電波の届くところまで下りたところで家に電話。

「電話つながれへんかったやろ」と言うと・・・、

「電話なんかかけてへんで」

ああそうでっか・・・・・・。





持ち帰った魚たちをどうしたかは、次回にしたいと思います・・・。
posted by いたっきー at 21:40| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | 採集記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
ガサは今年2回目でしたっけ?
いいなー、私は今年はまだです。
暇と天気と気分との兼ね合いでなかなか行けません。
いったきーさん、ガサにはまってますねー。
10時から2時半までって、もうプチじゃないですよね。
夢中になる気持ちはよく分かりますよ。
狙った獲物を採るなんて、腕前はもうプロ級?(笑)
Posted by catfishtail at 2007年02月08日 21:58
<catfishtailさんへ>
そうです。今年早くも2回目です(笑)。
冬場は寒いので子供たちが外に出たがりませんので、かえって時間が空いたりします。
でも、今までは家族をおいて一人で出掛けることなんてほとんどなかったんですよ。
腕前なんて・・・、超素人級です。

ちなみに10時から2時半まで、ずっとガサってたわけではありません。念のため・・・。
Posted by いたっきー at 2007年02月09日 23:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。