2007年09月17日

夏の終わりに・・・

DSCN1653.JPG

水草水槽です。
あまりに汚いので、アップに耐えられません。

この水槽の中に、いるはずの主が・・・、今はいません。
盆過ぎのある朝、テナガエビ君が底に横たわっていました・・・。

ショックでした。

うちにやって来て1年余り。
最初は4〜5cmほどだったのが、何度も脱皮をして7cmくらいまで成長していました。

いずれは水槽をサイズアップして、パートナーを迎えて・・・、などといろんな事を考えていたのに、残念でなりません!



この夏は記録的な猛暑でした。

プラケースに棲んでいたサワガニたちも、この夏を越す事ができませんでした。

でも、この暑さのせいにするつもりはありません。
やはり私の愛情不足です。

金魚の時もそうだったのですが、放っておいても生きていて当り前という感覚になっていました。



在りし日の彼らです。

DSCN0490.JPG

DSCN0331.JPG

DSCN0532.JPG

DSCN0441.JPG

今までありがとう・・・。
posted by いたっきー at 11:45| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | エビ・カニのなかま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
言われてみれば・・・
今日も生きてるから大丈夫なんだな。
なんて思っていると急に★になってるなんてことがたまにありますね。
『生きていて当たり前』
ズシリと重い言葉です^^;
愛情あってこそ過ごしやすい環境を提供できるんですもんね!
生き物も植物も『愛情』ですね。
Posted by マッサ at 2007年09月17日 20:43
<マッサさんへ>
マッサさん、お久しぶりです。
いやいや、マッサさんはちゃんと管理されているから大丈夫でしょう。
愛情・・・わかっていても、行動が伴わないといけないですね。
Posted by いたっきー at 2007年09月18日 23:01
テナガエビ君にサワガニ君、残念ですね。
今年は確かに猛暑でした・・・が、私も偉そうなことはいえません。
去年は暑さによってネオンテトラを、今年は子金魚とヌマチチブをダメにしてしまいました。
毎年そんなことをしてるとは全然進歩していない、ということですね。
私こそ反省をしなければいけません。
この記事は私にとって、身につまされる記事でした。
Posted by catfishtail at 2007年09月19日 01:21
<catfishtailさんへ>
コメントありがとうございます。
師匠んところでも・・・、やはり今年の暑さは特別だったのでしょうか。
暑さ寒さも彼岸までとは言いますが、彼岸間近なのにこんなに暑いなんて・・・、異常ですよね。
Posted by いたっきー at 2007年09月19日 23:24
いや、うちも今年生まれたらんちうをたくさん落としてしまいました。
今年の暑さは異常でした。
原因はそれしか考えられません。
暑さを避けるには、やはりクーラーのある部屋で管理…これしか手はないように感じますよ。
しかし電気代もバカにならないし、またそんなにしてまで…という思いもあります。
結局、温暖化なんですよね。
いろいろ考えてしまいます。
ただ、あまりこの事で反省ばかりするのも心労になりますので、今後の対策を考えていけばいいと思いますよ。
これも勉強…と僕は割り切っています。
Posted by NAO at 2007年09月22日 23:14
<NAOさんへ>
コメントありがとうございます。
やはり異常でしたよね。
実際もう彼岸なのに今日も暑かった!
温暖化・・・、ホントに感じます。
でも繁殖した個体が淘汰されていくのは仕方がないと思いますよ。
割り切り、必要ですよね。
Posted by いたっきー at 2007年09月23日 22:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。