2007年10月21日

秋のリフレッシュ〜テナガエビ編

テナガエビ水槽です。

DSCN1904.JPG

立ち上げて2週間ほどでしたが・・・この汚さ。

DSCN1905.JPG
特にこちら面は、日光がよく当たるせいか、コケまみれになっています。

テナガはやはり肉食系だからでしょうか。
ミナミがたくさん棲んでいた前身の水草水槽では、こんなにコケは付かなかったはず?

貝類を増やすべきか・・・。

それともミナミを投入?
(テナガの餌食になる恐れ有りですが)


とりあえず、ガラスを洗って1/2ほど水替えしました。


その数日後、1匹のテナガが☆になってしまいました。
共食いなのか、単に弱っていたのかはわかりません・・・。

ミナミを混泳させると、こうなってしまうでしょうか。



今朝のテナガエビ水槽です。
DSCN1944.JPG

リフレッシュからさらに2週間が経ち、早くも左側の面にはコケが・・・。

DSCN19451.JPG
うちにやってきた当時は透明だった彼らは、少し茶色っぽくなっています。
ミナミのように環境に応じて体色を変化させるのでしょうか。

でもよく見ると、殻の表面にもコケが・・・?
茶色っぽく見えるのはこれが原因?



そういえば水草水槽の主のテナガ君は、脱皮直後は透明だったなあ・・・。
posted by いたっきー at 07:40| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | エビ・カニのなかま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リフレッシュ、ご苦労様でした。
ミナミとテナガとは、コケの付き方が違うということですね。
テナガが大食漢!?
でも、陽が当たるとは言え、こういう風にコケが付いちゃうと気になりますね。
コケ取り要員にタニシかカワニナを任命しますか?(笑)
Posted by catfishtail at 2007年10月24日 00:49
<catfishtailさんへ>
コメントありがとうございます。
テナガ・・・よく食べます。
毎朝、小さめのちりめんじゃこをほぼ人数分与えるのですが、翌朝には無くなっています。
コケ取り要因、早速、他容器にいるカワニナの子供を数匹投入しました!
Posted by いたっきー at 2007年10月24日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61674409

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。