2008年02月12日

新芽の正体

百均プラケースです。

DSCN2662.JPG

さすがに冬場は変化に乏しいです。

年末に発見した冬の新芽がありますが・・・。

双葉の間から、新しい葉が出ました。

DSCN2663.JPG

あれ、この葉の形、どっかで見たような・・・。




↓これは開花直前のミゾソバ(2007年10月21日撮影)。
DSCN1948.JPG

葉っぱの形、似てないですか?


と言うわけで、この謎の芽の正体は、ほぼ間違いないでしょう。
新しい植物の誕生かと、かすかに期待していたのでちょっと残念ですが、枯れたその矢先から新しい芽を出すミゾソバの生命力に驚きです。



ところでこちらは樽型プランターですが・・・。

DSCN2665.JPG

水中の藻から明らかに新芽が・・・。

posted by いたっきー at 22:11| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ベランダビオトープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あー、あの新芽はミゾソバでしたか。
あの時の写真はあんまりミゾソバっぽく見えなかったので、きっと違う種類の植物だろうと思ってました。
でも、新芽が出てくると楽しくなりますね。
最後の新芽もミゾソバ?
Posted by catfishtail at 2008年02月13日 19:53
<catfishtailさんへ>
コメントありがとうございます。
ミゾソバは思わぬところから芽を出して驚かせてくれます。
最後の新芽も・・・?
根っこが百均プラを突き破って隣の容器へ・・・。
それはありえませんが、採集してきた藻に種がついていたりする可能性は無きにしも非ず。
いずれにせよ、思わぬ発見がビオの楽しみの一つです。
Posted by いたっきー at 2008年02月14日 22:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。