2008年04月05日

いつの間に?

DSCN0139.JPG

すっかり春モードの百均プラには、ミナミヌマエビたちが棲んでいます。

最初は一匹の採集エビから繁殖したのですが、去年までは普通色しか見られませんでした。

ところが・・・

DSCN0133.JPG

DSCN0131.JPG

DSCN0143.JPG

いつの間にかこんなに色づき(?)ました。

また抱卵する日が楽しみになります。



ところで、エビちゃんの写真を撮ろうと水の中にカメラを構えていると、何者か逃げ隠れたように土が舞い上がります。

エビが突然跳ねるとこのような現象が起きますが、土のにごり方が普通ではありません。


今はエビちゃん(と貝類だけ)しかいないはずのこの百均プラケース。
一瞬我が眼を疑いました。

DSCN0144.JPG

ヨシノボリです。4cm近くあるでしょうか。

それにしても、どこからやって来て、こんなに成長するまでどこに隠れていたのでしょうか。

そういえば、エビの数が少ない気はしていましたが・・・。



でも、何となくうれしい・・・。
去年のヨシノボリショックの時、かなり凹みましたから・・・。

神様がくれたプレゼントかも知れません。
posted by いたっきー at 23:41| 大阪 | Comment(4) | TrackBack(0) | エビ・カニのなかま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エビももうそろそろ産卵の季節を迎えますね。
そんな体色のエビたちの子供は確かに楽しみです。
でもエビの体色は何によって決まるんでしょうね?

ヨシノボリ。
なんで?
いつかの生き残りが運良く・・・と、いうことですよね、きっと、多分?
それともコウノトリさんが・・・?(笑)
こそこそといたっきーさんの目を盗んで生きていたとは・・・長生きしそうですね。
Posted by catfishtail at 2008年04月07日 16:50
<catfishtailさんへ>
コメントありがとうございます。
エビの体色については論文が書けそうなくらい奥が深いと思いますね。
ヨシノボリはホントに謎なんです。
おっしゃる通り、いつかの生き残りである事は間違いないんですけどね。
長生きしてくれるといいんですが・・・。
Posted by いたっきー at 2008年04月08日 21:58
ミナミヌマエビが繁殖してくれるのは、うれしいですね。
うちにはミナミヌマエビがいないので、早くミナミヌマエビをゲットしなくては。
ヨシノボリいたんですねぇ^^
いい春になりましたね。
Posted by NAO at 2008年04月15日 15:53
<NAOさんへ>
コメントありがとうございます。
ミナミは放っておいても殖えるし、私にピッタリ。
ぜひ、NAOさんも導入してみてください。
Posted by いたっきー at 2008年04月17日 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92374589

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。