2008年05月18日

メダカの産卵?

DSCN0529.JPG

ドジョウ&メダカ水槽

この中に棲むメダカたちは、去年の7月、仕事中にガサって持ち帰ったもの。

今年はいよいよ産卵・・・!と期待したいところなんですが、今のところ、その様子はありません。

それには明らかな「理由」があるように思います。

その理由とは、雌雄の数

メダカの雌雄の見分け方は、背びれの切れ込みの有無で確認するのが一般的です。

それによると、5匹中4匹は♂。

DSCN0537.JPG
この子はもちろん♂。
腹びれに黒く現れるという婚姻色も確認できます。

唯一の♀(?)は、5匹の中で一番小さく、まだ成魚になっていないかもしれません。

DSCN0536.JPG
この子です。
成魚になると、背びれの切れ込みが現れてくる可能性もありますね。



こうなったら、今年の初ガサのメダカたちの雌雄を確認してトレードするという手段も・・・、と考えていた矢先です。



DSCN0510.JPG

この樽型プランターに初ガサメダカが棲んでいます。

DSCN0511.JPG

この中で、今朝、遂に発見しました!

DSCN0523.JPG

水中の藻やフロッグピットの根を捜索しましたが、卵が付着している様子はありません。

産卵・採卵しやすいように、とりあえずマツモを入れてみました。

DSCN0527.JPG

最近、平日は観察をサボりがちだったので、これからはちょっとだけ早起きしようと思います。

posted by いたっきー at 23:29| 大阪 | Comment(3) | TrackBack(0) | メダカ・ドジョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっ!
卵持ってますねぇ〜^^
テナガエビの手のない仔はちょっと残念でしたが、メダカはかなり期待できそうですね♪
出社前に癒しがあるのは、いいですね^^
Posted by NAO at 2008年05月21日 22:15
産卵、よかったですねー。
嬉しい瞬間ですね。
うちではそんなメダカを発見したら網で救って、濡らした習字の筆で付着糸と一緒に絡め取ります。
で、筆の先についた卵たちを別容器の水草に付着させます。
これが正しい方法かどうかは分かりませんが、それでちゃんと孵化もしています。
以外とメダカの卵は強いです。
マッサさんは卵を郵送してましたからね。
Posted by catfishtail at 2008年05月22日 21:55
コメントありがとうございます。

<NAOさんへ>
これから産卵のシーズンですので期待しているのですが・・・、ちなみに1週間近くたった今も、どこにも卵を確認できてません。
出社前・・・。
最近朝が弱くて、それがなかなか・・・(笑)。

<catfishtailさんへ>
なるほど・・・網で掬って筆ですか・・・。
少々の事は大丈夫なんですね。
今度見つけたらチャレンジしてみます。
それより写真撮るためにフラッシュたきまくったので、そっちの方がメダカには悪いかもですね。


Posted by いたっきー at 2008年05月24日 22:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。