2007年04月29日

春のリフレッシュ〜樽型プランター編

「春のリフレッシュ」シリーズもいよいよ大詰め。
先週の日曜日、とうとうビオトープにも、てこ入れしました。

ちなみに前回のビオ関係の記事はこちらです。



今回は、樽型プランターです。

DSCN0609.JPG
もずく藻が繁茂し、雑然とした状態でした。

とりあえず、浮草(フロッグピットオオサンショウモ)と水中のもずく藻を取り出します。
DSCN0610.JPG

青々としてきたエビモ
DSCN0612.JPG

茎ばかりが伸び、春になって先の方から枝葉が出てきたフサモ
DSCN0629.JPG

一方、取り出した浮草たち
DSCN0626.JPG

フロッグピットの根が意外と伸びていたのがわかります。
DSCN0628.JPG
マッサさんちみたいに、これが土に根付くと水上まで葉が伸びるんでしょうね。
うちの場合、土ではなくもずく藻の方に根付いていたのかもしれません。



続いて、この中の住人たちです。

オイカワ系の小魚
DSCN0621.JPG
以前、5匹の生存を確認したのですが、今は4匹のみ。
1匹落ちたのは、上の写真の右の方にも映っていますが・・・、
多分この子のせいです。
DSCN0616.JPG
そう、ドンコの稚魚
目分量で3.5cmくらいです。

ヨッシーたちのプラケースからワープ・・・
するわけがありません。
去年の秋、小魚とサワガニと一緒に採集してきた子です。
当時よりちょっと大きくなったような気がします。

前に確認したヨシノボリたちは3匹とも残っていました。

ミナミヌマエビたちは、10匹以上はいると思います。

そしてここにも・・・、いましたよ。
DSCN0615.JPG
ちょっとピンボケしましたが、明らかに抱卵しています。



このままだと味気ないので、アクセントとして植木鉢をひとつ。
DSCN0625.JPG
これは、普通の用水路に水中から生えていた草。
きれいだったので持ち帰ったものです。
マッサさんご推奨の赤玉土に植えてみました。

エビモは根付いているものはそのまま残し、フサモは先の部分だけを植えなおしました。

最後にフロッグピットを浮かべてできあがり。
DSCN0630.JPG

土や底に沈んだもずく藻は触らなかったので、マイナーチェンジ程度でしたが、とりあえずすっきりしました!



残るは百均プラ

次回、できればご紹介します。
posted by いたっきー at 21:45| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | ベランダビオトープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

春の気配?

今日の百均プラです。

DSCN0145.JPG

右半分の「土のスペース」の植物たちもついに全滅。
全て根元付近からカットしています。

左半分の「水のスペース」オオサンショウモは、ちょっと前まで緑色を保っていましたが、2月に入り、寒波が訪れた時、一瞬でこんな色になりました。

ところがその寒波の後、特に先週は結構気温が高く、ぽかぽか陽気が続きましたね。

そのせいでしょうか、なんと水中からが出てきました!

芽?

これです。

DSCN0148.JPG
もずく状の藻のかたまりから発芽しているようです。
根は土に届いていません。

DSCN0151.JPG
こちらは「土のスペース」なので、普通に土に根を張っていくと思います。

それにしても何の芽でしょうか。
そもそもどうしてこんなところから芽が・・・?

妻によると、上階から落ちてきた種が芽を出したのだろうとのこと。
と言うもの、うちのベランダにはちょっとしたガーデニングスペースがあり、過去にも見知らぬ植物が芽を出したことがあるそうです。

最初、鳥が糞を介して植物の種を運んできたのかと思い、自然の力に感激していたのですが・・・。
妻からそれを聞いてガッカリ・・・。



それともう一つ、ケースの右端に注目してください。

DSCN0145-1.JPG

DSCN0150.JPG
でしょうか。水中からケースに沿って伸びてきています。

冬でも、植物たちは着実に動いているようです。



ますます春が待ち遠しくなりました。


ちなみに、この百均プラの変遷についてはこちらを。
posted by いたっきー at 21:07| 大阪 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | ベランダビオトープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

百均プラケースの変遷

今日の百均プラ
DSCN1948.JPG

右半分はすっかり冬枯れです。
左半分はオオサンショウモが枯れそうになりながらも、まだまだ新しい葉を開こうとしています。
暖冬のせいでしょうか、ホテイアオイも緑を残しています。
もずく状の藻はまだまだ元気です。

エビちゃんたちやフナ(?)の子供はほとんど姿を見せなくなりました。



この百均プラケース、我が家のベランダビオトープの原点でもあります。

今日は、この百均プラの変遷を振り返りたいと思います。

元はといえば、金魚をコンテナボックスに引っ越しさせたのをきっかけに、ビオトープに興味を持ったことが始まりでした。

とりあえず、お金を掛けずに始めようと思い、100円ショップにてこの容器を購入。
今年の4月下旬のこと。
ベランダビオのスタートとなりました。
DSCN0663.JPG

その後、あっちこっちで植物を採集し、半分を土のスペース、半分を水のスペースに分割。
写真は当時のものが無く、7月まで飛びます。
ブログを始めるのがわかっていたらもっといっぱい撮ってたんだけどなあ・・・。
DSCN0792.JPG

「百均プラ・ビオトープ その後」

ホームセンターで買ったホテイアオイについていた(と思われる)卵が孵ったメダカ
・・・とずっと信じていたのですが、実はフナの可能性が高いです。
DSCN0668.JPG

さらに、ヤゴまで
DSCN0732.JPG

こういう意外な発見が、私のビオトープへの想いをさらにかきたてることになりました。

そのヤゴが、6月20日の朝、羽化に成功
DSCN0761.JPG

この日の感動は今でも忘れません。

次は未公開でしたが、川で採集したカゲロウの羽化もこの時期に見られました。
DSCN0750.JPG

フナ、ヤゴの次は、エビです。
DSCN0918.JPG

DSCN1047.JPG

この稚エビを最初に発見したのは7月の終わり頃だったと思います。
生きものの不思議を実感しました。



続いて<未公開>この百均プラに現れた珍客たちを紹介します。

まずはアシナガバチ
DSCN1037.JPG

この夏、よく見かけるなと思っていたら、ベランダにある樹に巣を造っていました。

次に、アマガエル
DSCN1041.JPG

junさんどうですか、かわいいでしょ(笑)。

最後に
DSCN0965.JPG

ゾウムシの仲間でしょうか?


秋も近づき、大事件が起こりました。

なんと、子供だったはずのエビが抱卵!
DSCN1199.JPG>

その後、無事出産したようで、今も何匹か稚エビちゃんたちがいるはずです。


秋本番を迎え、これまで花に縁の無かった百均プラでしたが、とうとうミゾソバが開花
DSCN1521.JPG

地味ですが、ちょっと華やいだ気分になれたひと時でした。


これから真冬に向かって、厳しい状況が続くと思います。
私にとっても「初めての越冬」

気負わず頑張るつもりです。
posted by いたっきー at 11:23| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | ベランダビオトープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

ミゾソバの花

先日、百均プラ・ビオトープで伸びている草に、花が咲きました。
ひそかに待ちわびていた花・・・、とうとう咲いてくれました。

実はこれ、6月頃に交野で採取して、百均プラに植えたもの。
よく見る植物なんだけど、何という名前かわかりませんでした。

ネットで色々探しましたが、葉の形から「ミゾソバ」という植物が一番近いかなと思っていたのです。

それらのページには、秋に花を咲かせると書かれてあります。

しかし、今まで全くその気配がなく、ただ茎が伸びていくばっかりで、何度か大胆な剪定をしてきました。

ところが・・・、ついに咲きました!
DSCN1520.JPG

DSCN1521.JPG

やっぱり「ミゾソバ」のようですね。

花を見て、ようやく確信できました。

こうやって喜んでいた矢先の日曜日の夕暮れ、次男と近所の川べりを散歩していると、
DSCN1527.JPG

いっぱい咲いている!!

確か2週間前にも次男と散歩をしましたが、こんな風景はなかったはずなのに・・・。

野生の草も、ベランダにいる草も(元はと言えば野生ですが)、同じ時期に花を咲かせる・・・。

一見当たり前のことですが、改めて生きものの不思議を感じた瞬間でした。
posted by いたっきー at 23:53| 大阪 | Comment(4) | TrackBack(0) | ベランダビオトープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

樽型ビオトープ リニューアル

琵琶湖の水草を水槽に植えたついでに、ビオトープ全体のリニューアルを行いました。


まず、樽型プランター
ホームセンターで買ったオオサンショウモとそれについてきたウキクサが、その後大繁茂。
あっという間に樽型プランターの水面を蓋い尽くしてしまいました。

DSCN1185.JPG

百均プラや、透明プラケースに分けていき、それでもあふれた分はバケツに入れておきました。

DSCN1201.JPG

それでも各容器で大繁茂を続けたため、とうとう金魚のいるコンテナボックスに入れてしまうことに。

DSCN1218.JPG

ほとんど金魚の姿が見えません!
今後は、繁茂の速さと金魚が食べる速さとの競争になりそうです。

リニューアル後の樽型プランター
水の中が見えるようになりました。

DSCN1216.JPG

この中には紀ノ川出身の稚メダカがいます。
5匹捕ってきたのですが、残念ながら今は3匹しか確認できません。

DSCN1203.JPG

3匹いっぺんに収めようとがんばったのですが、1匹映すのがやっと。

そのほかのリニューアルは次回にします。
posted by いたっきー at 23:31| 大阪 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | ベランダビオトープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。