2008年04月05日

いつの間に?

DSCN0139.JPG

すっかり春モードの百均プラには、ミナミヌマエビたちが棲んでいます。

最初は一匹の採集エビから繁殖したのですが、去年までは普通色しか見られませんでした。

ところが・・・

DSCN0133.JPG

DSCN0131.JPG

DSCN0143.JPG

いつの間にかこんなに色づき(?)ました。

また抱卵する日が楽しみになります。



ところで、エビちゃんの写真を撮ろうと水の中にカメラを構えていると、何者か逃げ隠れたように土が舞い上がります。

エビが突然跳ねるとこのような現象が起きますが、土のにごり方が普通ではありません。


今はエビちゃん(と貝類だけ)しかいないはずのこの百均プラケース。
一瞬我が眼を疑いました。

DSCN0144.JPG

ヨシノボリです。4cm近くあるでしょうか。

それにしても、どこからやって来て、こんなに成長するまでどこに隠れていたのでしょうか。

そういえば、エビの数が少ない気はしていましたが・・・。



でも、何となくうれしい・・・。
去年のヨシノボリショックの時、かなり凹みましたから・・・。

神様がくれたプレゼントかも知れません。
posted by いたっきー at 23:41| 大阪 | Comment(4) | TrackBack(0) | エビ・カニのなかま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

グリーンウォーターのテナガエビたち

「震災の日」に書きましたが、地震に備えてベランダの水槽置き場をリニューアルしました。

DSCN2560.JPG

と言っても、スチールラックを組み立ててその上に置いただけなんですが・・・。

「地震に備えて・・・」とは大義名分で、単純に置けるスペースが増えてひそかに喜んでおります。




さて、手前にあるグリーンウォーターの水槽は何でしょう?

DSCN2561.JPG

答えはテナガエビ水槽です。

立ち上げた当時からガラス面にすぐに苔がつくと思っていたのですが、いつの間にかこんなグリーンウォーターに。
よく見るとミジンコたちがたくさんいます。
でも、アナカリスは水中をさまよい、マツモは彼らによって細かく分断され、ひどい状況になっています。

何とかしたいのは山々ですが、この寒さ・・・。暖かくなるまではこのまま放置されるでしょう(他人事?)。



とにかくこの透明度では肝心の住人たちの生存確認ができません。

当初オチビちゃん1匹を含め7匹でスタートし、間もなく1匹落ちたため、6匹いるはず。

普段見ている限り、せいぜい2〜3匹しか見えませんが・・・。

彼らは右奥にある流木の周りに集まっているようです。
置く向きを90度回転させた上、スペース的にも余裕ができたので、流木の裏も簡単に観察できるようになりました。

DSCN2566.JPG

全員の姿は撮影できませんでしたが、確かに6匹確認できました。

オチビちゃんは流木の周りにはいなかったのですが、与えたちりめんじゃこを持って逃げていく姿を発見。



4ヶ月あまりの水槽生活ですが、今のところ共食いもなく平和なようで安心しました。
posted by いたっきー at 10:04| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | エビ・カニのなかま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

秋のリフレッシュ〜テナガエビ編

テナガエビ水槽です。

DSCN1904.JPG

立ち上げて2週間ほどでしたが・・・この汚さ。

DSCN1905.JPG
特にこちら面は、日光がよく当たるせいか、コケまみれになっています。

テナガはやはり肉食系だからでしょうか。
ミナミがたくさん棲んでいた前身の水草水槽では、こんなにコケは付かなかったはず?

貝類を増やすべきか・・・。

それともミナミを投入?
(テナガの餌食になる恐れ有りですが)


とりあえず、ガラスを洗って1/2ほど水替えしました。


その数日後、1匹のテナガが☆になってしまいました。
共食いなのか、単に弱っていたのかはわかりません・・・。

ミナミを混泳させると、こうなってしまうでしょうか。



今朝のテナガエビ水槽です。
DSCN1944.JPG

リフレッシュからさらに2週間が経ち、早くも左側の面にはコケが・・・。

DSCN19451.JPG
うちにやってきた当時は透明だった彼らは、少し茶色っぽくなっています。
ミナミのように環境に応じて体色を変化させるのでしょうか。

でもよく見ると、殻の表面にもコケが・・・?
茶色っぽく見えるのはこれが原因?



そういえば水草水槽の主のテナガ君は、脱皮直後は透明だったなあ・・・。
posted by いたっきー at 07:40| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | エビ・カニのなかま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

テナガエビ復活

と言っても、☆になったテナガエビ君が生き返ったわけではありません。

先日、淀川河川公園に行った時、何気なく水辺に下りていくと、エビちゃんの姿がたくさん見えました。
体が透き通って見えますので、もしかしてテナガエビ

早速掬ってみました。

DSCN1652.JPG

小さいですが、確かにテナガエビです。
3cmほどのが中心に7匹ゲットできました。

つい最近、1年間飼っていたテナガエビを亡くしたばかりなのに、こうやって採集すると持って帰りたくなるのが私の悪いクセです。

さて、がいなくなり、アナカリスのジャングルと化していた水草水槽を、迷わずリセットする事にしました。

水草をすべて抜き、水槽も底石もきれいに洗って水を入れました。

あれっ、水が抜けていく・・・?

あちゃー、そういえば水槽を洗う時に、手をすべらせてウッドタイルの上にコツンとやってしまいました。
相手は「木」だし、割れているとは思ってなかったので・・・。

敢え無く作業中止。しばらくバケツで暮らしてもらう事になりました・・・。



そして、昨日またまた買ってしまいました。

DSCN1707.JPG

小魚水槽ヨシノボリ水槽がLサイズ(40cm幅)、メダカ&ドジョウ水槽がMサイズ(35cm幅)、そして今度はSサイズ(30p幅)です。
スペースと重量の都合でこのサイズにしました。

DSCN17420.JPG

それでもこうしてみると、水草水槽より大分ゆったりしています。

稼動したばかりの時は、どんな水槽もきれいなんですが・・・。
DSCN1746.JPG

早速与えてみました。ちりめんじゃこ
DSCN1752.JPG

競争が激しいせいか、獲物をくわえるとすぐに水草の上の方に逃げます。
DSCN1750.JPG

1匹だけ1cm強ほどのオチビちゃんがいます。
彼も負けじと・・・運んでます。
DSCN1749.JPG
↑でも、重すぎて水草に届きません。
必死で足をバタバタさせているのですが・・・、静止画なのでわかりませんが、かなり笑えました。

posted by いたっきー at 23:14| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | エビ・カニのなかま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

夏の終わりに・・・

DSCN1653.JPG

水草水槽です。
あまりに汚いので、アップに耐えられません。

この水槽の中に、いるはずの主が・・・、今はいません。
盆過ぎのある朝、テナガエビ君が底に横たわっていました・・・。

ショックでした。

うちにやって来て1年余り。
最初は4〜5cmほどだったのが、何度も脱皮をして7cmくらいまで成長していました。

いずれは水槽をサイズアップして、パートナーを迎えて・・・、などといろんな事を考えていたのに、残念でなりません!



この夏は記録的な猛暑でした。

プラケースに棲んでいたサワガニたちも、この夏を越す事ができませんでした。

でも、この暑さのせいにするつもりはありません。
やはり私の愛情不足です。

金魚の時もそうだったのですが、放っておいても生きていて当り前という感覚になっていました。



在りし日の彼らです。

DSCN0490.JPG

DSCN0331.JPG

DSCN0532.JPG

DSCN0441.JPG

今までありがとう・・・。
posted by いたっきー at 11:45| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | エビ・カニのなかま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。