2007年04月14日

春のリフレッシュ〜サワガニ編

続いてサワガニです。

ほとんどブログ内で紹介した事がなかったと思います。
去年の秋に採集したもので、大人(?)2匹と子供1匹が大きめのプラケースに棲んでいます。

彼らもザリガー君と同じく結構放ったらかしになりがちで、やはり冬の間は冬眠状態だったようです。

2月の一時暖かくなった頃から、ガサガサっとよく動くようになってきました。

では、3匹をご紹介しましょう。
といっても名前はありませんので、まずは大人1匹目
DSCN0494.JPG

続いて大人2匹目
DSCN0492.JPG
この子は採集したときから左側の足が1本足りなかったのですが、さらに足が取れていき、今は手(前足)を除いて1本のみとなっています。

そして子供です。
DSCN0493.JPG
小さくてかわいいです。


ザリガー君は何度か脱皮を確認しましたが、この3匹はうちに来てから一度も脱皮をしていません。

さて、プラケはよく洗い、敷石は苔を取るのは大変なので軽く水洗いして、さらに新規に小さい植木鉢を割って隠れ場所を作ってあげました。
DSCN0496.JPG



ザリガニサワガニも、これからは活動的になるので、マメに掃除してあげようと思います。
posted by いたっきー at 23:09| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | エビ・カニのなかま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春のリフレッシュ〜ザリガニ編

今日は暖かかったですね。

久しぶりの連休で、しかもお出かけ日和だったのですが、私の勤める会社は相変わらず繁忙期で、特に土曜日はなかなか精神的に開放されません。

今日は家で過ごそうと決め、水草水槽のリフレッシュを決行しました。

というのも、先日ご紹介したとおりミナミヌマエビが抱卵したため、稚エビちゃんが産まれるまでに掃除しておかないと・・・、と思ったからです。

何しろ去年の秋以降全く放置状態で、しかも暖かくなってからアナカリスが急伸。
さらに冬の間眠っていたフサモが新しい葉を出して伸びてきています。

DSCN0478.JPG

しかし、いざこれを掃除しようとなると、相当な覚悟がいります。

そこで、肩慣らしにザリガニのプラケースとサワガニの棲むプラケースの掃除をすることにしました。





まずザリガニのザリガー君が棲むプラケース。

これは淀川河川公園で採集したもの。
ずっと「隠れ家」に入ったままほとんど出て来ないので、ついつい放ったらかしに・・・。

冬の間はおそらくほぼ冬眠状態だったのですが、最近動きが活発になってきているようで、水の汚れもひどくなっていました。

DSCN0480.JPG

「隠れ家」ごと外に出し、水をかけると、溝のほうへ後ずさりして逃げようとします。
DSCN0482.JPG

プラケは苔まみれで、洗うのに時間がかかりました。

きれいになったプラケに水を入れ、ザリガー君に戻ってもらいました。
ついでに身体測定。
DSCN0484.JPG

体長6.5cmほどですね。

さて「隠れ家」も、苔を落としてケースに戻しました。
DSCN0487.JPG

ザリガー君は、しばらく様子を伺いながら・・・、

DSCN0488.JPG
「隠れ家」に入っていきました。

DSCN0489.JPG

「やっぱりここが一番や!」(カメラ目線)




※ちょっと長くなりそうなので、分割して更新しようと思います。
今回はとりあえず「ザリガニ編」です。
posted by いたっきー at 21:30| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エビ・カニのなかま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

ミナミ抱卵

先日ご紹介したテナガエビの棲んでいる水草水槽
確かに彼がずば抜けて大きいので「主」としてご紹介しましたが、実は、その水槽を陰で支えているのが10匹ほどのミナミヌマエビたちです。

去年の8月の終わりに、琵琶湖で採集してきた水草を中心に立ち上げたこの水草水槽ですが、それから秋が来て、冬が過ぎました。
同居していたミナミたちも、ついに抱卵することなく春を迎えていました。




ところが・・・、
初めて抱卵しました!

DSCN0476.JPG
(ガラス汚すぎ・・・)

百均プラでは抱卵エビを発見した事がありましたが、この水槽では初めてです。

しかも、百均プラの子と比べ、身体も大きいため、卵もはちきれんばかりです。

このママエビが稚エビを出産したら、今度は水槽なので、横からも観察できるし、成長の様子がよく分かります。



とにかくこれからが楽しみです。
posted by いたっきー at 22:36| 大阪 | Comment(3) | TrackBack(0) | エビ・カニのなかま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

テナガエビ

DSCN0455 (1).JPG

水草水槽の主、テナガエビ君です。
久しぶりに殻を脱ぎました。
もちろん左にいるのが本人、右にあるのが脱皮殻です。
ちゃんと2本目の足(長い「手」)まで、きれいに脱いでいます。



去年の夏、木津川で採集した子です。

その当時、駆け出しブロガーだった私(今もですが)に初めてコメントを下さっていたcatfishtailさんの見解によると、テナガエビではないかとのことでしたが・・・。
その後、ネットなどの情報で体の模様などからスジエビだと思っていました。
(師匠、ごめんなさい。)

ところが、先日の師匠の記事で、やはりテナガエビであることを確信したのであります。

エビちゃんって、自分の脱いだ殻を食べるんですね。
この子も早速・・・
DSCN0447 (1).JPG

DSCN0441 (1).JPG

師匠みたいに、脱皮殻を取り出して乾燥させようかなとも思ったのですが、あまりに美味しそうに食べているのでやめました・・・。
posted by いたっきー at 09:05| 大阪 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | エビ・カニのなかま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

ザリガニbabyの最期

悲しいお知らせが続きます・・・。

今朝、ボトルのザリガニbaby(もうbabyとはいえない大きさですが)を見ると、底で上を向いています。
おかしいなあと思い、瓶をゆすっても反応なし・・・。

まさか・・・。

そうです。
何をやっても動いてくれません。

えー!なんで?

昨日まで元気だったのに・・・。

DSCN0050.JPG
↑1週間前。エサをやっても足りない彼は、いつもこうやってオオサンショウモを食していました。

DSCN0055.JPG
↑一昨日。妻がベランダで日光浴をさせてくれたときの写真。
もちろん妻が撮影。
(最近ちょっと協力的です。)
瓶を動かしたりすると、こうやってに入ろうとします。

それにしても何故?
思い当たるようなことがありません。
日光浴で急激な温度変化があったのか?
でも、日光浴は時々やっていて、今まで異変は見られなかった。

昨日も普通だったし、兆しが見られなかったので、ショックが大きいです。




ところで、ザリガニといえば、うちには初秋から飼っている子がいます。
以前紹介しましたが、枚方の淀川河川公園で採集した子です。

ただでさえ放置度の高い我が家の生きものたちですが、中でも彼が一番じゃないでしょうか。
時々ちりめんじゃこをあげていますが、何日か後には無くなっているので食べているのでしょう。

それでも長いこと見てなかったので不安になって、早速生存確認を・・・。

彼の住まいです。
DSCN0061.JPG

DSCN0063.JPG
金魚用の隠れ家を置いているので、普段姿を見ることはほとんど、いや全くありません。

DSCN0062.JPG
お尻が見えていますが・・・、

DSCN0064.JPG
良かった。生きています。

DSCN0065.JPG

撮影後、隠れ家を戻してやると、速攻中に入っていきました・・・。
posted by いたっきー at 09:10| 大阪 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | エビ・カニのなかま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。