2008年06月15日

アナカリスの開花

4週間ぶりの更新となりました。

初夏の心地よい季節から梅雨に入ってさらに日は過ぎています。

いろんな事情により、しばらく全く余裕がありませんでした。





この4週間の間に起きた変化は・・・、これと言ってありませんが、各容器のアナカリスが爆殖し、花が咲いたことが挙げられます。

今年は去年よりさらに早い5月25日の事でした。

今年咲いたのは「壺」です。

DSCN0552.JPG

DSCN0551.JPG

この白い小さな花に、生命力を感じます。

それから連日といっていいほど花を咲かせてくれていますが、なぜか「壺」以外では咲きません。

posted by いたっきー at 22:30| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 水草たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

季節はずれの・・・

うちのベランダには、水替えの時に不要になった水草や藻などを入れてる小さいプラケがあります。

通称「プランクトン養殖ケース」(今とっさに命名)。
ミジンコやミズムシ、ミズミミズ(ごめんなさい・・・)などなどたくさん生息しています。

もし、金魚や他の魚たちが産卵・孵化した暁には、ここで育てた(?)ミジンコで・・・などと考えているのですが・・・、残念ながらまだ活躍していません。

こんなプラケをブログで紹介するつもりはなかったのですが・・・。


今日ビッグニュースが!

DSCN0952.JPG

アナカリス(オオカナダモ)の花です!

秋に咲く筈では・・・?

去年の秋、うちのベランダでも花を咲かせてくれました。
9月25日の事でした。

それにしても、どうした事でしょうか。
最近気温変化が激しく、勘違いしたかな?




植物ネタついでに・・・。

百均プラ
DSCN0957.JPG

左半分「水のスペース」に浮かぶホテイアオイは、新しい葉が生えかけたまま成長見られず。
オオサンショウモは、新しい葉が少しずつ伸びてはいますが、なかなか復活とまではいきません。

DSCN09580.JPG
一方、右半分の「土のスペース」は順調のようです。
ミゾソバも少しずつ成長しています。

樽型プラ
DSCN09560.JPG

フロッグピットがかなり成長しました。
これでも前のリフレッシュの後、金魚のコンテナボックスに半分ほど間引いたのですが、それでもこの状態。
もうすぐ水面を覆いつくしそうな勢いです。

写真左端に写っている鉢植えの草は、伸びたのですが、根付きが悪いのか倒れてしまいました。

そして、コンテナボックス
DSCN0960.JPG

こちらでもフロッグピットが急成長。
もちろんアナカリスはご覧の通り。

金魚たちは、その林の間を通りにくそうに泳いでいます・・・。
posted by いたっきー at 17:32| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 水草たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

春のリフレッシュ〜水草水槽編

春のリフレッシュシリーズ、第3弾はいよいよ水草水槽です。



まず、小さいプラケを水中に入れて、ママエビを避難させるべくプラケ内に誘導。
できるだけストレスを与えないようにと思いますが、やっぱりいきなりの出来事でママエビも暴れます。

アナカリスを入れてやると、ようやく落ち着きました。
DSCN0517.JPG

次はテナガエビ君を保護。
別の容器(インスタントコーヒーの空き瓶です)に一時避難してもらいます。
DSCN0498.JPG

そして、水草たちを全て引っこ抜きます。
アナカリスについてきた小さいヤゴ君も、プラケで避難。
DSCN0499.JPG

残りのミナミたちは、水槽の水を流す時に網で受け、他のプラケに入れました。
DSCN0524.JPG
数えてみると14匹。
つまり、ママエビを入れると15匹もミナミヌマエビが棲んでいた事になります。



さて、水草たちのご紹介です。

まず、アナカリス
DSCN0511.JPG

やはりすごい成長力。
この小さい水槽を所狭しと伸びていましたから。
途中から根を伸ばして水平方向へ伸びていく習性があるようです。

元の根っこ部分。
DSCN0514.JPG

小石を巻きつけながら根を張っていた事が分かります。

フサモ
DSCN0505.JPG

去年、水槽立ち上げ当初から急伸してきたフサモですが、秋になり気温が下がるにつれ、葉がどんどん落ちていきました。
春になって、ようやく新しい葉が生えつつあります。

DSCN0506.JPG
アナカリスと同様、根はしっかり張っていたようです。

エビモ
DSCN0510.JPG

比較的新入りです。
今年の正月、妻の実家近くの用水路で採集したものです。

植えた当初は何度も抜けては植えなおしをしていましたが、そのうち安定し、冬の寒い間も結構成長しました。

根は意外と細く、また柔らかい茎は折れやすいため、扱いには慎重さを要します。

マツモ
DSCN0515.JPG

植えた時から全く安定せず、特有のモサモサした感じ(?)が楽しめていません。
それでも、最近新しい葉が出始めているので、今年はモサモサしてくれる事を期待しようと思います。

水槽と底石をよく洗い、水草たちをレイアウト。
DSCN0520.JPG

と言っても、いつもながらテキトーです。

アナカリスはどうせすぐ伸びるので短いのを2本だけにしました。

フサモは、伸びた茎の下半分をトリミングした先の部分と、残った根っこ部分を分けて植えます。

エビモマツモはとりあえずそのまま植えました。

汲み置きの水を1/3ほど入れてから、避難させていたエビたちを水ごと投入。

ようやく完成。
DSCN0526.JPG

かなりすっきりしました!

DSCN0532.JPG
「主」は満足の様子。

DSCN0535.JPG
ママエビ。マタニティライフを快適に過ごしてね。

DSCN0536.JPG
フサモに群がるミナミたちヤゴ






ところで、ちょっと気になることがあります。

「主」のテナガエビ君が、ミナミたちに襲いかかるのです。
もちろんミナミたちは捕まることなく素早く逃げるのですが、もし脱皮直後などに襲われたら、やられるかも知れません。

実際、今までに何度か★になったミナミを発見したことがあります(因果関係は不明)。

やはり、テナガエビは単独飼育するべきでしょうか・・・。
posted by いたっきー at 22:25| 大阪 | Comment(6) | TrackBack(0) | 水草たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

このまま春?

あいにくの雨ですが、すっかり暖かくなりました。

今朝ベランダに出ると、なま暖かく、水槽やプラケースが曇っているのに驚きました。

このまま晴れたら「春!」ですね。



さて、百均プラケース
DSCN0320.JPG

相変わらずですが、草の新芽が出てきています。

自然発生した苔もちょっと成長したかな?
DSCN0322.JPG

そして、鳥が運んできた・・・じゃなかった、上階から落ちてきた種の芽ですが・・・。
DSCN0323.JPG

双葉の間から新しい葉が出てきています。

ちなみに前回の百均プラはこちら



一方、こちらは樽型プランター
DSCN0321.JPG

以前、もずく藻が水中を支配していましたが、それがどういう訳か、半分沈んだ状態になっています。

そのおかげで水中が見えやすくなりました。

実はこの樽型プラにも、こんな住人がいます。
DSCN0325.JPG

小魚たちとヨシノボリ稚魚です。
小魚はこの5匹で安定しているようです。
ヨシノボリ稚魚はこの子以外にもあと最低2匹は確認できました。

ただし、この子たちはビオ生活のため、基本的にエサを与えていませんので、やはり小さい。

ちょっとかわいそうなので、時々メダカのエサや赤虫を与えます。



そして、あまりに汚いので公開するかどうか迷ったのですが・・・。

久々、水草水槽です。
DSCN0326.JPG

この冬の間、全く水替えしていません。

この水槽の中にいた水草たちの中で、特筆すべきものがエビモです。

このエビモは、正月に採集したものですが、小魚水槽ヨシノボリプラケース、そして屋内のボトルアクアもどきにも入れていました。

屋内のボトルアクアもどきのエビモは、ミナミヌマエビのエサにもなりつつ、自然消滅の一途を辿っています。

小魚水槽とヨシノボリプラケースは現状維持といったところか。

ところが、この水草水槽のエビモだけは順調に成長しています。
前回1/31の記事と比べると一目瞭然です。

それと、水面に浮かべたアオウキクサ
うまく越冬できたようで、2月の暖かい頃から殖えだし、今はこんな状態です。
DSCN0327.JPG

すでにこれですから、今後爆殖が予想されます。

そして、金魚たちのおやつになるのです。
posted by いたっきー at 10:01| 大阪 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 水草たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

エビモの成長

妻の実家近くで採集したエビモ
根付くがやはり困難です。

この植物も、オオカナダモ(アナカリス)のように、葉の下側から根を出して伸びるようです。

昨日の水草水槽です。
DSCN0057-1.JPG
2本植えたのですが、1本が抜けて反対向いています(矢印)。

その抜けたエビモのアップ。
DSCN0058.JPG
根が2本生えかけています。

もう1本は、根元近くの葉から根が数本出て、しっかり地面に届いています。
DSCN0059.JPG

こちらはドンコ水槽のエビモ。
DSCN0066.JPG
もっと分かりやすいですね。
これが地面に届くと、水平方向に成長していくのだと思います。

再び水草水槽
DSCN0068-1.JPG
抜けたエビモを植えなおしました。

それにしても、「レイアウト無茶苦茶水槽」ですね・・・。
posted by いたっきー at 21:41| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 水草たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。