2007年02月07日

ヨシノボリプラケース誕生

昨日の記事からの続きです。


さて、お持ち帰りした魚たちですが、カワムツ系の小魚たちは・・・、お分かりですね。
そう、ドンコ水槽へ・・・という予定でした。

でもその前に、思いによらずヨシノボリたちをゲットしたため、彼らの棲みかを考えなければなりません。
ドンコとの同居は無理だと思うので、とりあえず空いているプラケース(クビキリギスが棲んでいたもの)を稼動させることにしました。
大磯を敷き、オオカナダモエビモを適当に植えて、水を張ります(いつものパターンです)。

DSCN0087-1.JPG

その水について・・・、私は以前から風呂の残り湯をバケツに入れ、常にベランダに常備しています。
それは主に足し水用なのですが、このように急に新しい水辺を作るときに役立ちます。

こうして新たにヨシノボリ(+ドンコ稚魚)プラケース誕生!
DSCN0105.JPG

ヨッシー君1号。体長約5cm。
DSCN0106.JPG

昆虫好きの私はこちらも忘れません。
DSCN0091.JPG

さらにこんな珍客も・・・。
DSCN0107.JPG
でかいです。殻の長さが3.5cmくらいあります。
これは意識して捕まえたのではなく、砂利をもって帰ろうと掬った時に入っていたようです。




ところでちょっと待て、ドンコはあの40cm水槽を独り占めしているのに、ヨシノボリたちはプラケースか?

ドンコ水槽は、底床材が土のため、予想はしていましたがやはり汚い!

そうだ、いっそドンコちゃんとヨシノボリたちをトレードしようかな?

そうやって思案していると、妻が一言。

「ドンコに生きた魚やるのやめて。それやったらドンコを放してきて・・・」


確かにそうだ・・・。
私もずっと葛藤していました。
やはり、ドンコはここにいるべきではない・・・。
妻の言う通りかもしれない・・・。


・・・決心しました。

ドンコ水槽をリセットすることを。



長くなりそうですので、またまた続きは次回へ・・・。
posted by いたっきー at 23:13| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ヨシノボリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。